軽自動車のキャンピングカーカスタマイズ情報として、軽・軽自動車・ハイエースのキャンピングカー化の最新事情をご紹介いたします。

軽自動車キャンピングカー(軽、軽自動車、ハイエース)

憧れだったキャンピングカー。でも本物は高くてなかなか決断できないし、夢と理想と現実はなかなかリンクしないですね。それでもやっぱりキャンピングカーに乗りたい! そんなキャンパーの卵たちの情熱がいま軽自動車のキャンピングカーとしてブームになっています。

キャンプでたまに見掛ける背の高いキャンピングカーって高いです。大型のキャンピングカーはアメリカ製など外車が多く、だいたい500万くらいかかるそうでして、大型のキャンピングカーの中には生活機能が詰まっているから価格が高いのも仕方ないと思いますが、500万では庶民には手が出せないと思います。

それでも乗りたい。安いキャンピングカー、手が届くキャンピングカーとして最近人気なのが軽トラキャンピングングカー・ハイエースキャンピングカー・軽自動車キャンピングカーの改造車です。

軽キャンピングカーは「軽キャンカー」、「軽キャンパー」の愛称で、今ひそかなブームになっています。その人気の理由は大型で外車のキャンピングカーと違い、本体価格が安い。大型キャンピングカーが500万とすると軽自動車のキャンピングカーの価格は約200万円前後で購入可能です。(オプションを付けると300万位になる事もあるようです)

他に嬉しい利点としては、軽自車なのでガソリン代、車検代、保険料、税金などが安く抑えられます。馬力の点では大型車には劣ってしまいますが、小回りが効いて運転しやすい、駐車場にも止めやすいので、女性ドライバーでも安心できると思います。


 >>キャンピングカーのオススメ書籍はこちら<<


軽自動車キャンピングカーで人気の車種ではスズキ自動車の「テントむし」。コンパクトなボディで2名×2つのベッドで計4人が就寝できるところが人気です。軽トラキャンピングカーは荷台部分をキャンピングカー仕様に改造されたものが一般的で、軽自動キャンピングカーに比べると室内が広く設備も充実しているものが多いです。

もっと広さを求める方にはハイエースキャンピングカーがオススメです。軽自動車や軽トラに比べると普通車なので維持費はかかりますが、室内の広さはキャンピングカーとして格段に広くなります。座席を倒す事でベットとして使うのが一般的なようです ^ ^

軽トラや軽自動車を自分で改造してキャンピングカーに作り替えるマニアもいるようです。軽トラや軽自動車をベースにしたキャンピングカーでも改造後のサイズによっては普通車として登録される事もあり、税金や車検代がかわってくるので注意しましょう(汗)

これなら壊れる心配のない国産車ベースであなた好みのキャンピングカー実現しそうですね♪

★管理人オススメのお得なサービス活用情報★



▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

軽トラ キャンピングカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.mmmagic.jp/kcar/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット