子宮がん検診のまとめ


子宮がん検診では子宮がんの種類である子宮顎部細胞診と体部細胞部診の2種類がありまして、子宮がんの70%は子宮顎部であるため一般的に子宮がん検診とは、子宮顎部のがんに対して行う子宮がん検診を指す場合が多いです。

子宮がん検診の方法は、子宮顎部から細胞をこすり取りプレパラートに塗り付けたあと固定、染色して顕微鏡での診断となります。子宮がん検診は痛いんじゃないかと不安に感じる方も多いですが検査自体にほとんど痛みはありませんし、数秒で終わりますので怖がる必要はありませんのでご安心ください。

子宮がん検診の結果は、検査から約一週間程度です。子宮がん検診の結果は5段階のクラスに分かれていてクラス1と2であれば異常なしの判断となります。1と2の違いですが、細胞に異常がまったくなく炎症などもないのがクラス1で、細胞に異常はないが炎症が発見されたりホルモンの影響によると思われる異常が発見された場合がクラス2となります。
子宮がん検診の結果で1番多いのがクラス2なので、膣内はいつもキレイな状態であるわけではないことがわかります。



 >>子宮がんのオススメ書籍(送料無料)はこちら<<

クラス3以上では細胞に異常ありという意味になり精密検査が必要となります。
子宮がん検診は2004年からは対象を20代女性に広げました。子宮顎がんは50代の方に最も多いのですが、この年齢層では発症は20年で現象傾向にあり、逆に20代前半では2倍に、20代後半では3倍以上に増えている傾向にあります。これは子宮顎がんが性感染症と関係し、性活動が活発な若い世代においての感染が増えているためと考えられています。

子宮がん検診は確かに行く前はとても憂鬱な気分に感じるものですが、検査自体はとても短時間にあっという間に終わり、ほとんど痛みもありませんし多くの子宮がん健診はカーテンを敷いて行いますので思う以上に抵抗なく行えるものです。気になっている方は、悩むより行動ですよ。万一の場合でも早期発見が1番の対策ですし、杞憂であれば安心もできます。


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

子宮がん健診ガイド
子宮がん健診では子宮がんの種類である子宮顎部細胞診と体部細胞部診の2種類があり......
子宮がん検診費用・料金の相場
子宮がん検診の費用は1000円から20000円程度が相場のようです。1000円......
子宮がんの名医リスト
子宮がん検査で手術が必要となった方にとっては、子宮がんの名医に執刀を依頼したい......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

子宮がん:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.mmmagic.jp/cgan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット